インプラント

無痛で治療

歯の治療をしたいけれど、痛いのは嫌だし、歯を削る音が嫌いだからといって歯科医院から足が遠ざかっている人も多いと思います。
そんな人におすすめなのが「静脈内鎮静法」です。
ウトウトとして眠っている間にインプラント治療や通常の歯科治療ができてしまうという方法です。
安全に治療を行うためには、医師が痛みを管理して、患者さんへの精神的ストレスを減らしてあげることが大切です。
緊張した状態で治療を続けると、心臓に負担がかかってショック状態になってしまうこともあるからです。
静脈内鎮静法では、点滴で気分が楽になる薬を体へ入れて不安や恐怖心を和らげてくれます。
点滴には抗不安薬や静脈麻酔薬などを併用したり単独で使ったりして鎮静状態を保つようにします。
笑気吸入鎮静法よりも安定した鎮静状態になります。
静脈内鎮静法のメリットは、恐怖心や不安を薄れさせてリラックスした状態で治療を受けることができること。
血圧や脈拍が安定するので、高血圧や心臓の弱い人でも治療を受けることができること。
健忘効果があるので、処置時間が実際よりも短く感じること。
治療中の記憶がないので嫌な思いをしなくてすむこと。
点滴を行っているので、患者側の変化へ即座に対応できることなどがあります。
最近はインプラント治療や親不知の抜歯、長時間の治療などに使用している歯科医院が増えています。
歯医者が苦手だと言う人は一度試してみるといいと思います。
ただし静脈内鎮静法は保険外診療なので、費用は全額自己負担になります。

 無痛で治療 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi